FC2ブログ

ねずみのしっぽ

無性愛・アセクシャルを自認している私のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

理想は叶えられないけど。


前記事で友情結婚に否定的な意見を書きましたが。
今はまた「友情結婚ありじゃない?」って思っています…
答えがズバーンと出た訳じゃないので、意見は行ったり来たりです。

友情結婚というか、
お互いを大事に思う心とか信頼関係で結ばれたパートナーを得る、という
意味で、それはとてもすばらしいし私の目指すところなので。
「結婚」という形をとらなくてもそれでいいのでは?という点では
否定派になるのかもしれませんが。

結婚という形をとる理由は、社会や周りの家族へのポーズだったり、
子供を得るために一番自然な手段(上手く言えない…)だというのがあるのかなあと。

でも、アセクシャルじゃなくても、「好きだから結婚したい」以外を理由に
結婚する人だっているだろうし、よく考えてみたらかつては結婚相手を
当日まで知らない、なんてのが普通で、それでも結婚して子供作ってんだから、
そもそも結婚や子づくりというものに「愛」なんて必要ないんじゃないの??
みたいなとこまで考えたり。しました。

それで、私の面倒くさいところは、私が
【子供にとって親が自分を愛してくれるかというのとおなじくらい、
両親の間に愛があって自分が生まれたのか、ということが重要だと考えてる】
ということ。
前記事のコメントで触れられていたように、これは私の「こだわり」です。

本当は、結婚も子供作りも、上で書いたみたいに自由なのに、私が勝手にこだわってる。
私はアセクシャルなのに子供をほしがっているのに
子供は(世間一般でいう)愛の産物であってほしいと思ってる。
自分の理想の実現は自分では不可能だということ。

今日話した友達に、例えばお互い人として嫌いじゃない相手の間に
子供を作ることはどうか?というようなことを言われて、
「友達同士で子供を作るということ?理解できない」と思いました。
でも、友情結婚をして子供を作るということは極端に言えばその
理解できないことをしなければいけないわけで。

子供が欲しいという希望をかなえるために理想に目をつむるか。
私のこだわりを尊重して希望に目をつむるか。
全部を大事に実現させるっていうのは無理なんだということに今更ながらに
気づかされました。
結果を得るために何か頑張ったり我慢しなければいけないのは、
これに限ったことじゃないのに。

でも今日、はっきり自分で
「私では私の理想をかなえることは無理!」と言えたのがすっきりしました。
開き直ったのかもしれませんが(笑)

とりあえず、子供云々のことはそのへんで保留しておこうと思います。
今のままでは(言葉は悪いけど)捕らぬ狸の皮算用ってやつなので。



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/06/15 23:37 ] つれづれ | TB(0) | CM(2)
すっきりしてよかったですね
こんにちは~
書くことですっきりできたとのこと。よかったですね。
やっぱり匿名で好きなように書けるというのは貴重です。
私にとって、自分のブログは掃き溜めです。

私のコメントに丁寧な返事をくださりありがとうございます。

なるほど、きっとKAOさんの考える「両親の間に愛がある」
というのは、片方に愛情がある関係ではなく、相思相愛の関係
のことなんですね。

私は、知り合いの女性(たぶん異性愛者)から、結婚した理由
を話してもらったことがあるのですが、その人いわく、
「正直に言って、夫に対して強い恋愛感情があったわけじゃない
けど、夫が私をとても大切にしてくれたから、これだけ自分のことを
思ってくれる人となら結婚してもいいかな、と思ったから結婚した」
というようなことを話してくれました。

KAOさんの記事を読んで、片一方に愛情があればOKということ
なら、なにも友情結婚&子どもなんて難しいことを考えなくても
いいのでは?、と思っていましたが、相思相愛が前提ならやっぱり
いろいろ考えてしまいますよね。

ちなみに、私の場合は、私に対して一方的に恋愛感情を抱く女性は
まず現れないでしょうから、やはり難しいことを考える必要があり
ます。
[ 2014/06/18 00:11 ] [ 編集 ]
Re: すっきりしてよかったですね
ありがとうごじます!

> なるほど、きっとKAOさんの考える「両親の間に愛がある」
> というのは、片方に愛情がある関係ではなく、相思相愛の関係
> のことなんですね。
そうです。私自身の両親にそういうのがなかったようなので、
自分の子供は…と思っていたのですが、なかなか上手くいきませんね(笑)


> 「正直に言って、夫に対して強い恋愛感情があったわけじゃない
> けど、夫が私をとても大切にしてくれたから、これだけ自分のことを
> 思ってくれる人となら結婚してもいいかな、と思ったから結婚した」
> というようなことを話してくれました。

女は愛すよりも愛されるほうが幸せなんだよ的なことを聞きますが
そんな感じかもしれませんね。
そういう力関係?のカップルもよくきくし、それで幸せなら問題ないと思いますが、
私の場合、そういうこともかつてありましたが、
まだアセクシャルを知らない時期だったので、相手が好きでいてくれることに対して
同じように気持ちをかえせないことを申し訳ない、という気持ちと、
その愛情が意味不明で恐ろしいとか、不審感も抱いてました。

今またもし自分を一方的に好きになってくれる人が現れたらどうなるかわかりませんが。
「愛」を差し出し合えるのかとか、片方が差し出すだけで十分なのか?
差し出された側はどう感じるのか、とかでいろいろ変わってきそうですね。
的を得ないお返事で申し訳ないです。
[ 2014/06/25 20:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。