FC2ブログ

ねずみのしっぽ

無性愛・アセクシャルを自認している私のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

性の多様性に触れた

先日徳島市内で行われた、
SAG徳島さんの交流イベント「徳島愛ダホ2014」に
参加してきました。

自分以外のセクシャルマイノリティの方にお会いするのは
初めてだったし、もとから人見知りだったりで
すごく緊張しましたが…

その日はFtMの方が多かったです。
アセクシャルは私ひとりで、後はゲイセクシャルの人とか
微妙な立ち位置の人、ヘテロセクシャルの人。全員と話したわけではないですが…

徳島はFtMが多いらしくて、ひとつの女子サッカーチームに
5人(だっけ)いたとかそういう話を聞いたり、
左利きやAB型と同じような割合でセクマイがいるというのに、
セクマイはすごく珍しいものだと思ってたのに、案外身近なもんなんだなあと
実感しました。

性同一性障害の人や、女装をする人、
聞いてるだけだとよくわからないけど、
実際会うと、そこにいるわけで。なんていうか、
そういうものなんだなあとすんなり受け入れられました。

世の中にはどんな性があるかっていうのを
ホワイトボードに書き出すと、全然聞いたことがない物もあったりして、
ホントに色んな性のあり方があるんだなあと思いました。
一番は「カテゴリー分けしないでもいい」世界なんだろうけど、
細かくカテゴリ分けすることで、自分のあり方に当てはまる言葉を見つけて
安心できる人がいるというのも大事な事実だとも。
(私はまさにそれだったし)

印象的だったのは、ゲイセクシャルやアセクシャルにまじってヘテロセクシャルがあり
トランスジェンダー、Xジェンダーとおなじ位置にシスジェンダーがあったこと。
(シスジェンダーはこのとき初めて知ったのですが、肉体の性と心の性が一致する人のこと)
マジョリティもマイノリティも、おなじ「性のありかた」なんだと改めて感じました。


やっぱり実際「会う」ってすごく大事なことだなあと思いました。
FtMの方たちが集まって色々してるってきいて、アセクシャルも集まれないかなあと
思うようになりました。

実際会って、話をして、関係を築けたらとても楽しいと思うのです。
ちょっと真面目に計画をしてみようかなあとか思うこのごろです。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

愛とは。

前の記事で話題にした
アセクシャルを知りたいと言っていたゲイの方ですが。
トランスジェンダーの方だったようです。
私自身自分の性別に違和感がなかったこともあって、
性自認に対する勉強と知識不足で、
ただゲイ=男性の同性愛者としか思ってなかったのですが、
(トランスジェンダーという言葉の意味も今知りました)
その方は体が男性で、心は女性で、好きなのは男性というゲイでした。

とにかく、その方(Aさんとします)と少しやり取りをして、
「愛された時、その愛を受け入れることはできるか、
またその受け入れを表明できるか」
いう質問をいただきました。

それってつまり
愛されたら愛し返すことができる?ってことかなあと。
で、私は「愛し返す」というのが、
相手が恋愛感情由来で起こす愛情表現を、
おなじように、心を込めて、自発的に行うというものなら
それは無理だと返しました。

Aさんは以前アセクシャルの方とおつきあいをしたそうですが、
それで「失敗をした」とおっしゃっていました。
その経験をふまえてのさっきの質問だったと思うのですが、

アセクシャルとそうでない人とが上手く行かない理由って
やっぱりそこにあるのかなあと思いました。

(これは私の感じたものですが)
性愛者は人を愛して、相手からも愛を向けられることを望む
与えられる物と求められるものが、アセクシャルにはとても重く感じる
例えばどうにかして上手く付き合っていこうとすると、

アセクシャル側が相手の愛を”喜んで受け入れ”て、
相手が望む”愛情表現”を相手の不満が出ない程度にし続けるか
性愛者側が相手が負担に感じることは求めず、自分からの愛情表現も
押さえ続ける…
そんなの絶対続きっこないと思うのです。


お互いがお互いの性を尊重して、
許容範囲を話し合って納得した上で
ちょっとずつ愛したり、ちょっとずつがんばって”愛”したり
そうしてまで一緒にいることを苦と思わない(思っても乗り越えられる)
そんな関係を築けたら理想かもしれないと思いながら。
そこまでの関係ってもはや「愛」ではないのかとか。
思いました。


あれ?



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへ
にほんブログ村
[ 2014/05/12 22:07 ] つれづれ | TB(0) | CM(0)

「そういうもの」を「理解できない」。お互いに。

私はよくtwitterでアセクシャルという単語を検索します。
アセクシャルな人たちの考え方や、
そうでない人たちがアセクシャルをどう思っているのかを
たくさん知りたいからです。

今日、検索したツイートの中で、
人を愛するってことは男や女を愛することなのに、
性指向が最初からないってどういうことなのか。
人を好きになれないとはどういうことなのか

というゲイの方のつぶやきがありました。

その方はさらに
アセクシャルの心が知りたい。
愛がわからない、感じないとはどういうことか。
落ち着けるものなのか、とつぶやいていました。

「知りたい」と言ってくれていたので、
アセクシャルのひとりとして、思わずリプを送ってしまいました。
(まだ返事はいただいてませんが、なくてもいいと思っています)
(あるとうれしいけど)

私なりの感じ方をうちながら思ったのですが、
同性愛者はセクマイだけど、
人を性的に好きになるかならないかの観点でみると
十分マジョリティで、
「人を性的に好きにならない」アセクシャルというのは、
セクマイの中でもまた理解されにくいものなんだなあと思いました。

で、この「理解されにくい」ってなんか被害者っぽく感じるけど、
私もまた、異性愛者や同性愛者、両性愛者を理解できない。

無性愛者が「人を愛せない」ことをなぜ?わからない、どうして?って
他の性的指向の人に言われるように、
私も彼らが「人を愛せる」ことを、なぜ?それはどういう気持ちなの?って思う。

「なぜ異性を性的に好きになるの?(同性は好きになれないの?)」
「なぜ同性を性的に好きになるの?(異性は好きになれないの?)」
「なぜどっちもを性的に好きになるの?」
「なぜ男性も女性も性的に好きにならないの?」

このどれも、当事者にとっては「そういうものだから」としか
答えようがないんじゃないかなあと思います。

以前、ネットで交流のある人のなかで、
女性としておきながら実は男性だった(いわゆるネカマ)方に対して
恋をして告白した男性がいて、なんと相手は男だったよ!って笑い話になってましたが。
そのとき私は、「どうして男だからその恋はだめになってしまうのか」と思いました。
ネット越しの、顔も知らない相手を「好きになった」つまりその人そのものを
好きになったはずなのに、「相手が同性だった」というそれだけで、
その恋は跡形もなく消えてしまうことが不思議でならなかった。
でも、異性愛者の彼らにとってはそれが「普通」で、説明はいらないみたいでした。

たぶん「そういうものだから」ってことなんだと思います。

それぞれの性的指向の間で当たり前のことが、
他の性的指向の人間には理解不能のことで。
理解してもらえないのと同時に理解していない。
理解できないのと同時に理解されていない。
表裏一体な気がしています。

なんだか要領を得ないですが、こんなことを考えました。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへ
にほんブログ村

アナ雪とセクマイ

普段、ジブリよりディズニーが好きだけど
ディズニー映画だからって全部見るほどディズニー好きじゃな私ですが
なぜかアナ雪はCMを見たときに「ぜひ見に行かなきゃ!」って思いました。

すごくよかったです。

これはネタバレですが、
エルサの魔法が心臓に直撃したアナを救えるのは
「真実の愛」でした。

真実の愛。
私はそれが、ディズニーの王道っぽい男女の愛じゃなかったことが
とても嬉しかった。
エルサからアナへの家族愛。
男女の愛を「差し置いて」の家族愛だったことに私自身救われた気がしました。

アセクシャル的な見方を抜きにしても、
エルサの愛がアナを救ったことは、両方にとってとても意味のあること
だったとも思うし…


中には、
最後がお姉ちゃんの愛だったなんてチープという人(おそらくヘテロの人)や、
エルサとアナの百合(レズ)の愛が二人を救ったというビアンの人もいたり。
アナ雪は同性愛の映画だと言う人たちもいる。

私個人的にはそんなのかけらも感じなかったし、
ただただアナとエルサのお互いを強く思う愛情にしか見えなかったので、
非常に自分勝手に言うと、何でも恋愛に結びつけてほしくないし、
特にレズビアンの愛、というのには「そっちにもってかないで!とらないで!!」
って思いました(笑)

でも、私がアナ雪を見て「真実の愛」を家族愛ととらえて救われた気になったみたいに、
同性愛者が「真実の愛」を同性愛ととらえて肯定感を得たのかもしれないし。
個人個人でどうとらえようと自由ですね。

ただ、それが普通みたいになって、
アナ雪ってレズでしょ何言ってんのあれ同性愛の映画だよっていうふうにだけは
ならないでほしいなあと思いました。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへ

にほんブログ村
[ 2014/05/01 22:57 ] つれづれ | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。