FC2ブログ

ねずみのしっぽ

無性愛・アセクシャルを自認している私のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

結婚とかについて話してみた。

この間出席した婚活イベントで知り合った人とお茶してきました。
アセクシャルを自認して参加、というのを決めた時点で、
二人で話す時にはカミングアウトしようと決めていたのですが。
すぐに切り出すのもアレなので、とりあえず雑談していて。

「なんで結婚したいんですか」ということを聞いてみました。
答えは「そういうものだから」でした。
思いがけない答えでした。
私の結婚「したい」というのは、自分の家族が欲しいから、だったし、
他の人だったら兄弟が結婚して子供ができて、自分もそうしたいなあと思った、とか。
そういうのを聞いていたので、まさか「そういうものだから結婚したい」という
答えが返ってくるとは思ってなかったのです。

で、元々婚活という場で出会った人なので、
結婚や恋愛について突っ込んで聞ける雰囲気だったので色々話してみました。

その中で、少し前に話題になった「はやく結婚すればいいのに問題」について
触れたのですがその人は「誰かがそういうこと(女性は早く結婚して子供を生む)
を言っていかなければいけない。言えないような世の中になってきてるけど…」
という感じの意見でした。

また愛には色んな形があって、マイノリティの人が生きづらさを感じるということを
話した時も、その人は生きづらくていいんじゃないか、という意見でした。
そういうのを認めていたら、いまの結婚制度が成り立たなくなるから、という理由で。
(言葉にしてマイノリティ、マジョリティという前提をしてない会話でしたが)

むしろマイノリティのためにも「今の結婚制度」を根本から見直して
考え直してほしいと思っている私と、
マジョリティとして「今の結婚制度」に沿う生き方を肯定する彼。
しばらく話している中で気づいていましたが、考え方が正反対でした。
「私はあなたの考える”そういうもの”を全部覆したい」と言ってもいいくらいに。
(ケンカ売ることになるので当然言いません)

彼の中で男女や結婚というのは、家と家の結びつきで、女は子育てをし男は外で働く、
そういうもの。一回り年上の方だったので、昔ながらのといえば昔ながらの価値観でした。
とにかく彼と話していて、ことごとく考え方が違ったので驚いたのですが、
もしかして、今まで周りにはマイノリティに理解のある人が多くて気づかなかっただけで、
彼の考え方っていうのは、特に古いわけでもなく、そこらへんの人が
ごくフツウに持っている考えなんじゃ?とも思い始めました…
そして、そういう人たちの中で生きていくのは、本当に生きづらいなあと。
思いました。


ところで、
実は私は人を好きになれないんです、と言ってアセクシャルの説明をした時、
そういうのがあるのか、知らなかった。正直どんなものかよくわかならいと言っていました。
古風な考え方の人でしたがそれで変な目で見られるとかいうのはなかったです、が。
「これから恋愛できるかもしれないし」というメールをもらったので
よく伝わってないのかもしれません…


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。