FC2ブログ

ねずみのしっぽ

無性愛・アセクシャルを自認している私のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

許されながら生きる?

この間の佐世保の同級生殺害の事件で。
加害者の女子高生異常性が話題になってたけど。

私も最初は、彼女の家庭環境が常識的じゃないから、
そういうので心が歪んでしまったのだ、と思ってた。
でも、なんか、色々考えたので説明すると分けわからなくなりそうなので
至った結論だけ言うと。

彼女が生まれながらのサイコパスだったとして。(途中でそうなったとしても)
人間性において、彼女はマイノリティじゃないのか?
じゃあ、そのマイノリティな人間性を、社会(マジョリティ)はどう処理するんだろう。
排除するか、受け入れるか。
(更生させる、というのは排除することと同意だと思ってる)
そういう性質を持って生まれた少数派の人間が、多数派の人間が作る社会の中で
どうやって生きていけるんだろうって。

猫を解剖するのが楽しくて、人を殺して死体を見たいと思う。
ひねくれてもなく、歪んでもいないまっすぐな考えでそう感じる人がいたっておかしくない。
そういう人たちに対して、家庭環境が、両親が、精神が、とあれこれ言う。
異常な人間だ、とされて排除される。受け入れられることはないと思う。
(受け入れられていたら、もしかしたらこういう犯罪は起こらなかったかもしれない)

なんとなく、それをセクシャルマイノリティと重ねて考えた。
サイコパスもセクマイも、それぞれの分野におけるマイノリティで。
サイコパスは人を殺したりするけどセクマイは人を殺さない。
だからセクマイは認められている、許されている。

私が住む日本の社会はセクマイを許してくれている。(いることを認めてくれてる)
一方で同性愛者ってだけで殺されたり犯罪者扱いされる国もある。

なんか、マイノリティな人間は、マジョリティの人たちに許されながら
受け入れてもらいながら、それらしく生きていくしかないのかなあと。

そう思うと、自分らしく幸せに生きることがどんなに大変か。途方もなく感じる。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。