FC2ブログ

ねずみのしっぽ

無性愛・アセクシャルを自認している私のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛とは。

前の記事で話題にした
アセクシャルを知りたいと言っていたゲイの方ですが。
トランスジェンダーの方だったようです。
私自身自分の性別に違和感がなかったこともあって、
性自認に対する勉強と知識不足で、
ただゲイ=男性の同性愛者としか思ってなかったのですが、
(トランスジェンダーという言葉の意味も今知りました)
その方は体が男性で、心は女性で、好きなのは男性というゲイでした。

とにかく、その方(Aさんとします)と少しやり取りをして、
「愛された時、その愛を受け入れることはできるか、
またその受け入れを表明できるか」
いう質問をいただきました。

それってつまり
愛されたら愛し返すことができる?ってことかなあと。
で、私は「愛し返す」というのが、
相手が恋愛感情由来で起こす愛情表現を、
おなじように、心を込めて、自発的に行うというものなら
それは無理だと返しました。

Aさんは以前アセクシャルの方とおつきあいをしたそうですが、
それで「失敗をした」とおっしゃっていました。
その経験をふまえてのさっきの質問だったと思うのですが、

アセクシャルとそうでない人とが上手く行かない理由って
やっぱりそこにあるのかなあと思いました。

(これは私の感じたものですが)
性愛者は人を愛して、相手からも愛を向けられることを望む
与えられる物と求められるものが、アセクシャルにはとても重く感じる
例えばどうにかして上手く付き合っていこうとすると、

アセクシャル側が相手の愛を”喜んで受け入れ”て、
相手が望む”愛情表現”を相手の不満が出ない程度にし続けるか
性愛者側が相手が負担に感じることは求めず、自分からの愛情表現も
押さえ続ける…
そんなの絶対続きっこないと思うのです。


お互いがお互いの性を尊重して、
許容範囲を話し合って納得した上で
ちょっとずつ愛したり、ちょっとずつがんばって”愛”したり
そうしてまで一緒にいることを苦と思わない(思っても乗り越えられる)
そんな関係を築けたら理想かもしれないと思いながら。
そこまでの関係ってもはや「愛」ではないのかとか。
思いました。


あれ?



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/05/12 22:07 ] つれづれ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。