FC2ブログ

ねずみのしっぽ

無性愛・アセクシャルを自認している私のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アセクを自認して婚活イベント行ってきた。

去年の後半に自分をアセクシャルだと自認してから、
婚活イベントに参加してなかったのですが。
ふと、「今こうして自分の状態がわかった上で行くとどうだろう」と思い、
参加してみました。

人を好きになれないと悩んでいたころは、婚活というと
気が重くて重くて…気が重い以外の何者でもなかったのです。
まず結婚という市場に照らし合わせて自分と他人の「価値」を品定めされる苦痛。
(婚活イベントに参加するようになって、初めて自分というのは他人と比べられて
優劣を決められる、人には「価値」があるんだと知って、それが嫌だった)
カップルになったらなったで、その人を好きにならなきゃいけないという
脅迫概念を感じる苦痛。
(好きになるならないの感覚がわからなかったので、「判断」しなければいけない、
好きにならなきゃいけない、でもわからないのスパイラルだった)

でも今はアセクシャルだと自認しているので、
比較される場にあがるのは相変わらずしんどかったけど、
「好きにならなきゃいけない」というプレッシャーは感じないだろう。
自認してから参加することで何か変化があるかもしれない、と思いました。

冷やかしの気持ちはなかったです。
カップルになったら、とりあえず(人と人として)付き合ってみて、
お互い嫌じゃない状態になる感じだったら、自分のことをカミングアウトしてみて
それでもよければ、という気持ちでした。
(それは異性愛者にとって裏切りかもしれませんが)

で、実際。
夕方からのイベントだったんですが、お昼から気が重くて重くて仕方なかったです(笑)
多分これは市場に飛び込んでいくことへのストレスだったと思います。
もう婚活なんて名前はやめて、結婚を目的とした集団面接という名前にすればいいのにと思いました。

イベントが始まってから、次々と流れてくる人と3分間相手のプロフィールを見ながら話をしました。
人と話すこと自体は嫌いじゃないので、楽しかったです。
好きなタイプを書く欄があって、そこに「恋に前向きな人」と書かれている方がいました。
(あ、私だめだな)と思いつつ、「恋に前向きってどんなんですか?」と聞いてみました。
曰く、恋に対して悩まず前に進める人、ということで…なるほど、わからん状態でした。
そしてその流れで私自信恋に前向きか?と聞かれ、さらに、こういうのをタイプにしてるのって感じ悪いかな?
と言われたので、私自身のことには触れず「好きな人もいるんじゃないですか?」と完全に脈ナイ的な答え方をしていまいました。

ローテーショントークが終わって、いいかな?と思った人を何名かピックアップして、
フリートークからの投票みたいな流れだったのですが、
その中で、私がいいな、と思ったなかの2名方からも私に対して好印象を持っていただき、フリートーク中にもそのお2方とお話をしました。

それでなんとなく、最終投票にこの人たちの番号を書けば、
多分カップリングとして成立するんだろう、という感じになって、
以前の私ならその瞬間に気が重くなっていたのですが。
今回は。
全然違う人の番号を書いて提出しました。
私がいいなと思った人で、私に別に何の印象も持たなかった人。
投票しても絶対にカップリングされないだろうという人の番号を書いて提出してました。

お二方の一人は、フリートーク中に私がカラオケ好きだというと「今から行こうか!」
おなかがすきましたねというと「今から食べにいこうか!」といきなりグイグイくる感じに引いてしまって無理でした。
もう一人は、ローテーショントーク中と変わらずおだやかで、さらにこの人にはアプローチカードというのも渡されていたので、多分、書けば絶対にカップリング成立するという人で、一度は投票用紙に番号を記入したのです(印象もよかったので)が。

カップリング成立したらこの後絶対にしなきゃいけないことがある。
メルアド交換して、メールしあって、休みの日にはどこかに一緒でかけなきゃいけない、
そういう義務が発生する!!!と最後まで悩んで、上から線を引いて消しました。

結局カップリングされず、ほっとしてしまって。
アセクを自認して参加すれば、気負わずにカップルになれるだろうと思っていたのが、
「無理をせず、カップルになれない方法を選択した」という結果。

とりあえず、メールアドレスを書いていてくれた後者の人(一度番号書いて消した人)にはメールを送っておきました。
カップリングされてない後のメールだからなんの苦痛もなかったし友達として始められたとも思うのですが。
どうでしょうね。

今後も、結婚に向けた集団面接には無理をしない範囲で参加しようと思います。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/07/27 09:16 ] つれづれ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。