FC2ブログ

ねずみのしっぽ

無性愛・アセクシャルを自認している私のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アセクシャルを知るまで7 自認end

アセクシャル、無性愛者という言葉を初めて知ったのが
ツイッターだったかwikiだったか個人ブログだったかは忘れましたが。

私以外にも、異性を異性として好きにならないひとがいる。
しかもそれには名前がついている。

一番最初に感じたのは開放感でした。
もう頑張って無理に人を好きになろうとしなくてもいいんだ!
私が人を好きになれなかったのは、
努力が足りないわけでも、性格が悪いわけでも、人として異常なわけでもない。
ただ、単にそういう人間だったんだ!

とても楽になった気がしました。

でも色々調べていくと、
アセクシャルとは死ぬまで「本当にそうだったかわからない」とか。
早々に自分をアセクシャルだと決めつけて(実はそうでないのに)しまう人がいて
それが問題視されている。とか。色々言われていました。
日本ではまだまだ研究が進んでいない分野だからとにかく答えがない。
「自分が本当にアセクシャルであるのか」という答えは誰も出してくれない。

カウンセラーの人に相談したりしてみましたが、
答えは人によってまちまちです(それぞれの主観が違うので当たり前かもですが)
過去に問題がある、性格に問題がある、無性愛なんてないのだ。とか色々。

で、自分は本当にアセクシャルなのか?どうすればわかるのか?
アセクシャルという答えにすがって、楽な方向に逃げようとしているだけなのか?とか。
そういうことを考えているとき、Facebookで自分はアセクシャルだとしている方を知り、
勢いでメッセージを送ってしまいました。我慢できなくて。

で、なんやかんやあって今、私は自分をアセクシャルだと自認するようになりました。

私はアセクシャルだと何らかの形で証明されたわけでもなく、
論文とか、研究とか、難しい定義付けもよくわかりません。
アセクシャルと一口にいっても、それぞれの望む生き方や考え方は
(私が知ってるだけでも)ばらばらです。

今もよくアセクシャルという言葉を検索しますが、
知恵袋なんかでは「自分はアセクシャルなのか?」
「アセクシャルだったらどうしよう」とか、
自分が無性愛者かどうかで不安になって、悩んでいる人が多いです。
かつては私もそうでした。

でも、だからこそ「本当に自分がアセクシャルかどうか」という証明は
必要ないのではと思います。
自分をアセクシャルだと自認する、自分を認めることで楽になれることが、
一番大事なんじゃないかなあと。
楽になったと言っても、別の意味で全然楽じゃないですが。
私は今、自分をアセクシャルだと認めた上で、私が幸せになるには
どうしたらいいのだろうと、また違った悩みを抱えています。

でも、人を好きになれないことやアセクシャルかどうかで悩んでいた時よりも
前に進んでいると思います。

アセクシャルを自認するということは、
マイノリティであることを認めるんじゃなくて、自分のあり方を肯定すること。
自分が自分のままで自分らしく生きるための地盤をつくるということかなあと思います。

私はまだこの地盤にどうやって将来を築いていけばいいのかわかりません。
でもさぐりさぐりなんとかしていけたらいいなあと、思ってます。



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 無性愛・アセクシャルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。